前へ
次へ

戦国時代から学ぶ接骨院の経営

接骨院の頃はライバルがいると非常に厳しいものになります。しかし、ライバルがいないところを探そうと思っても、なかなかあるわけではありません。大抵自分が接骨院を開く前に調べれば、必ず半径1キロ以内にはライバルがいると言えるでしょう。そこに勝つためには、戦国時代の戦の方法からヒントを得ることもできます。例えば、戦国時代の大逆転で有名なのは、織田信長が今川義元に勝利をした時です。このときの方法は、桶狭間と呼ばれる狭いところで戦うことでした。広い部屋で戦っても勝ち目がないため、わざわざ大群が身動きを取ることができない桶狭間で戦いを挑んだわけです。ここから学ぶことができるのは、ライバルに勝つために必要なこととして相手の弱点をつくことです。例えば、歴史から学ぶところがあるとすれば、臨機応変に身動きを取ることができないため、真新しい考え方を取り入れて出し抜くしか方法はありません。これにより、年配者よりも若い人たちを多く集めることが可能になります。

Page Top